Rep. Journal, Aug 2004

Issued Aug 2004

イラクでの主権委譲がおこなわれ、次期・党代表大統領候補を選出する民主党・党大会が終了し、パッとしない景気の中では、どのニュースもあまり特別に目を引かない今、全米のどのMediaもが取り上げているニュースがある。それは、Laci Peterson失踪殺人事件をはじめとする、Murder of Pregnant Womanだ。Murder of Pregnant Womanとは妊婦殺人で、過去の事件また現在解決されていない事件においても、真っ先に妊婦の夫に疑いの目が行き、その後逮捕、そして証拠不十分で釈放されている 事件が多いという、なんともいえないものである。しかしこのような事件を全米のMediaがこぞって扱うという事じたい報道の質を全体的に低下させているようにも見える。

怨恨殺人事件といえばアジア圏、とりわけ日本・韓国に発生率が高い。それは人種、生活習慣、家族習慣、宗教的価値観などからもたらされた結果の犯罪のひとつだが、家族または知人内でおこる犯罪でなかなか外部から未然に防ぎようが無くかつその犯罪の根が社会に与える影響も大きく深刻な犯罪のひとつである。アメリカでは怨恨事件における殺人事件の発生は低いものの、その深刻度合いから常に社会的な話題になる。 キリスト教を基にしている国々、そのなかでもとりわけ歴史の浅いアメリカでは、子殺し、親殺しは歴史的・宗教的に理解しがたい犯罪だ。ところがアジア圏では昔から、犯罪的・殺人的意図を持たなくても、様々な意味合いでの結果的、親殺し・子殺しが 数十年前までおこなわれてきた (姥捨て山等)

通りすがりの犯罪が多いアメリカでは、子が親を殺す、親が子を殺す、夫が妻を殺す、妻が夫を殺すという、怨恨殺人事件の発生率はきわめて低く、仮に起こっても、被疑者が薬物乱用の上起こった事件など被疑者が精神的異常だったケースが多く、アジア的な怨恨殺人事件は非常に稀で、事件発生のたびに全米中のMediaで取り上げられるのだ。 そのほかMediaがこぞって取り上げる理由はいくつかある。ひとつには既に説明済みの犯罪の文化的異質さ。しかしMediaにおける社会的”ネタ”の欠如によるものと事件を掘り下げて視聴率確保を狙ったもの が多くなっているのは問題なことだ。

社会的な”ネタ”の欠如による場合では、最近特に、民主党・党大会終了を境に急にテレビに出始めてきた、Laci PetersonやLori Hacking事件が代表例だ。

   イラクでの米軍捕虜虐待事件、主権委譲、民主党・党大会などはMediaには多大な”ネタ”を供給してきた。しかしその後は大きな社会問題とりわけ、ある意味Gossipネタが無かった。Laci Peterson失踪・殺人に関わる裁判は既に長々とかかっているが、急に事細かく今の今に時間を割いて登場させる意味合いは無い。Loriの失踪事件に関しても、地域ネタでしかない。しかし全米のMediaでは、ことさら これらを大きく扱っている。実際全米では数え切れないぐらいの殺人事件が毎日起きている。しかしMedia側は視聴者を報道番組に取り込み、展開をその報道番組で流すという、ドラマのような展開 で視聴率確保を期待しているようだ。

それぞれの事件を夕方のニュースで扱い、その分野の専門家といわれる人たちが、犯罪での精神状態などを説明、事件を事細かく説明している。しかも最近明らかにされたリサーチによると、女性が妊娠時に死亡する理由の一番多いのが殺人によるもので、妊娠中の死亡原因の20%とされているショッキングな結果もでている。妊娠中におけるホルモンのバランスが崩れ安定した精神状況が維持できない為、夫婦関係の破綻、また将来に対する経済的な不安による、多大なプレッシャーが夫婦間に存在することが殺人に発展するまでの要因のひとつだという。しかし、ここでおさえておかなければならないのが、このようなリサーチの結果、妊娠時における特別な精神不安定さが殺人を引き起こしたので、殺人自体をも無罪としてしまう可能性を秘めていることと、このようなリサーチ結果がダイダイ的にMediaにとりあげられることによってあたかも身内とくに夫がすでに犯人であるかのような報道が先行してしまう危うさがある。

視聴者に事細かく説明し、あたかも自分がReality TVの中にいるような状況または、昼ドラマでも見ているような状況を意図的にMediaがつくりあげているようにも見える。それもそのはずで、OJシンプソン事件時には、Mediaは相当のOJネタによる、視聴率確保ができたからだ。実際経済問題を大きくさくことで視聴率を稼ぐことは難しく、経済専門家がいくら説明したところなかなかマイクロ・マクロ経済を 一般の人が理解するのは難しい。しかしOJネタのようなものは簡単で、しかも視聴率が簡単に稼げるのだ。

60 Minutes, 20-20, Nightlineなどの報道番組を除く一般のニュース報道番組では、以前に比べ確実に報道の”質”が落ちた。日本の朝や夕方のニュースのように、報道番組中にGossipや芸能ネタを流すよう な報道番組がエンターテイメント番組にはなってほしくないものだ。

おわり

 

 Bobbie's Rep. Journal    Tomi Craft   TC Blog   Tomi Craft Japan Twitter   Tomi Craft USA Twitter