PT  CRUISER   HOT-53

Issued May 06

最近はPTに関する新しいニュースはないが、ガソリンの高騰が世界的に続くなか、ニューヨークのYellow Cabが電池式に改造されたPTを正式に採用するようである。

詳細・写真はほとんど公開されていないのだが、600パウンドー320Vのバッテリーパックを使い、1500回程の充電が出来る電気カーにPT Cruiserを改造するようで、一回の充電で150マイルほどの走行ができると言う。通常のニューヨーク・マンハッタンのタクシーの走行距離は180マイル程だ。完全充電には6時間ほどかかるが、ガソリンがこう高騰を続ける中では、対効果・対宣伝効果を考えると決して高い物ではないという。PTを電気カーに改造するのに5万ー7万ドルほどかかるそうで、これには自動車代が含まれているかどうかは不明である。

新2007年モデルには耐抗菌素材の素材が室内の椅子等に使われるようだ。そして現行モデルに”G"モデルが追加されるらしい。次の07モデルでは電動で開閉の出来るリアーゲート、足元や室内をリモコンで明るくすることが出来る装備が搭載されるようで、PTのリファインは続く... ...それと新たな追加色はオパール・メタリック、パステルイェロー、タンジェリンパール...

そして2008モデルは今年の秋、9月28−29日のパリ・モーターショーでプロトモデルが公開予定だ。しかしこれが北米に投入され、順次世界中の投入されるかは全くの未知数だ。

100万台目のPTクルーザーは今年の3月にメキシコ・トルカ工場で生産された。アメリカ自動車メーカーによる100万代を越える小型車生産は大変珍しい。未だに北米ではPTクルーザーの人気は高く、後発のGM・HHRもあまり売れていない。このサイズのコンパクトカーでは圧倒的な人気は当分続きそうである。

 

 TC Blog   Tomi Craft Japan Twitter   Tomi Craft USA Twitter   Rep. Journal