PT  CRUISER   HOT-41

Issued Oct, 02

今回は2003年カリフォルニアオートショーの模様についてのリポートです。

 2003年ははっきり言ってあまり目立つものはなかった。プロトタイプも例年に比べれば少なくやはり景気の影響を強く受けているようだ。面白い事に第三四半期の自動車メーカーの売り上げどうりに、ショーに展示されている車の所に人が集まっていた。アメリカ3大メーカーのブースには人はまばら。低価格で人気が出てきた韓国勢Hyundai、また常に憧れの的メルセデスは多くの人が集まっていた。アメリカのオートーショーは日本のように人がわんさか来るような事は決してないのだが、たただでさえアメリカ勢のブースにはひとがいないのにそれにはくしゃがかかっているようでもある。しかし北米で今どうして車が売れているかといえばまず、大量のリース契約が終了しているため、多くの人が新たなリースを組まず、新車を購入していること。0パーセント金利プラス様々なDiscountを実施している事。テロの影響で、旅行などの行楽費を減らし新車購入に充てていることだ。テロによって個人消費がへっているものの、自動車や住宅などの大型消費が増えるとは皮肉なもんだ。

まるでオープン前のようなブース

クロスファイアー

ドイツから1万台を輸入。V8-RWD 一見メルセデスのよう

 

PTに関しては2003年はGTが登場する。値段はメーカー希望小売価格が26000ドル前後、しかしほとんどのデーラーではプレミアが付いて30000ドル以上になっているのが現状だ。しかしこのGTに関しては競合する車に比べると明らかにオーバープライス!!

日産のZ

プライスは35000ドル

日本車のメーカーはどれも大幅に収益を上げている、やはり燃費がいいこと、故障が少ないこと、値段が手ごろなのが魅力なのだろう。

スバルはバハというレガシーの車体をPick-upにした変なのを発売。ワゴンは北米ではあまり売れなかったので、Pick-Upを発売?

欧州勢ではMini、ワーゲン、BMW,メルセデスが健闘。ワーゲンはビートルターボGTRを発売予定。

アメリカの幾つかの自動車メーカーでは本格的に電気自動車を開発するらしい。これは1人乗り電機自動車、最高速度は100マイル可能とのこと。

サターンは新型モデルIONを投入、日本車キラーは再び日本車の敵になるか。

上の警察車両は24インチのホイールを装着。こんなんで犯人追跡できんのかな?左下2つは、打ちっぱなしゴルフ練習場に出現するらしいポルシェ、ポルシェの944車両で、普段はおとなしくボールを拾っている。が、この自動車をねらって撃ってくる奴には、助手席側ドアが突然開き報復でゴルフボールを乱射してくる、という極悪ポルシェ。(3連装ゴルフボール機関砲ポルシェ) 右はGM改造型ごみ収集車、リアードアーから突然長い手が出現。道端にある、ゴミ箱を持ち上げて車内にごみを圧縮保管。ホイールは22インチだ。

 

 TC Blog   Tomi Craft Japan Twitter   Tomi Craft USA Twitter   Rep. Journal