PT  CRUISER   HOT-4

 

 ★ PTCの誕生日を知る !

 運転席側のドアーのちょうどラッチの下に白いシールが貼ってあります、そのシールの一番下の左側に MM/DD/HHならぬ、月/ 日/ 時

 が製造何月何日として書かれています。例えば、061310であれば6月13日10時という事になります。

 PTCの製造番号や製造年月日を知っておくことは、リコールや様々なリポートに対するため、オーナーの方は必ず知っておいてください。

 ★ 出だしがもたつく !

  PTCがもし、2000年8月22日以前に製造されたものだと出だしが悪い、燃費が悪いなどの不具合が存在することが確認されています。

 その当時のPTCのコンピューターは、現行の物のプロトで高速道路で1.5MPG程燃費が悪いそうです。またエアコンをつけたままスタート

 発進すると、出だしでもたつく事があるそうです。これらのリポートは米国クライスラーのTSB(テクニカルサービスブレテン/メーカーのデーラー

 向け回覧版みたいなもの)に報告されていました。 これらは、TSB#18-18-00に詳細に書かれています。

 日本のデーラーの人は当然知らないと思いますけど....

  ★ オイル消費が激しい !

 初期ロッド製造のPTCの中には、とてもオイルの消費の激しいものが存在するようです。

 これはエンジン冷間始動時に、マフラーから青白い煙カが沢山出ていれば次ぎのことが原因のようです。

 PCVバルブと、バルブカバーが合っていないという事です、初期ロッドのものはこのバルブカバーが改良される前のものなので、気になる様

 であれば、改良版(現行版)に交換することをお勧めします。

 交換するパーツは、#4777473AB-Caver/ Cylinder Head

               #4777478-Gasket / Valve Caver

             #4777873AB-Gasket / Intake Manifold

                                           以上3点です。

 これらは現行版ですので交換することにより、オイルの消費量は普通に戻ります。

 ★ フードを勢いよく閉めない !

  フードを開けたときに、フードを押さえおくつっかい棒(Rod)がありますが、このRodを元に戻した状態、つまりあった所に置いといた状態で

 フードを勢い良く閉めるとフードにへこみができるそうです。PTCのフードは軽量アルミを使用して為、へこみができやすいようです。

 

                           皆さんも発見した事、トラブル等がありましたら教えてください。

 ※ すでにユーザーの方で、上記の現象が出た方がいます。(エンジンがストールする)

   心当りの方はデーラーに連絡して下さい。

 

                                  

 

TC Blog   Tomi Craft Japan Twitter   Tomi Craft USA Twitter   Rep. Journal