PT  CRUISER   HOT-31

 

 今回は先週スイスのジュネーブで開かれていたジュネーブオートショーをリポートします。

 

 

 今回で72回目にあたるジュネーブショーはいつもになく国際色豊かなショーになりました。

 今年スイスでは様々な事が起こっています、UN加盟が国会で審議及び議決されてとうとうUNに加盟することが

 決まった事、モンブラントンネルが開通し、イタリア、フランスとの交通が大きく変わり、さらにスイスに対する人や

 物の流れが一層増えることになるからです、ヨーロッパでも比較的経済の良い状態を保っているスイスは更に

 物価面から発展しようとしています。

 景気後退の出口の全く見えない日本経済とは雲泥の差 !

 またいつもながらこの時期はTurin Show があるのでイタリアからの出展は少ないのですが、今回はTurin Show

 の中止からイタリアからの出展や観光客も大幅に増えたと言うことです。

 会場では多数のUN関係者も招かれて真剣に車を見入っているのではなく、外交案件を挨拶代わりに忙しそう。

 

自動車メーカーの社長達の挨拶 ?

自動車リポーターもレセプションに出席

ヨーロッパで有名なドライバーも出席

確かに見た顔です

 

 ドイツ・フランクフルトショーとは違ってフィアットなど大衆車を多く出展するジュネーブショーは、一般からの目にも

 現実的な車両が多く市場化されるモデルも多い事で有名です。

 

BMW−MINI ヨーロッパ本土で大人気です

小回りの良さ、大きくないエンジンが魅力なようです

フォードーフュージョンです、フォーカスベース

背丈を少し高く使い勝手をよくしているとか

 

マツダRX8 観音開きのドア

クライスラーのクロスファイヤー

なんとなくベンツSシリーズに似ています

 

GMのキャデラック

シトロエンC-3

ベンツAシリーズ

 

 ベンツAシリーズエボリューションはエンジンをチューンアップ、小回りな上に速いなら便利ですね

 近いうちAシリーズはハイブリットを床下に埋め込んだモデルもヨーロッパで先行発売するそうです。

 

 

 やっとクライスラーのPT... ヨーロッパではPTのエンジンは1.6L, 2、 2.2Diesel 、2.0L等チョイスが豊富なの

 が特徴。 黄色いストリートクルーザーは北米ではドリームクルーザー名で発売 !   但しヨーロッパではエンジン

 は2.0Lのオートマチックか5速マニュアルのチョイスのみで、他のエンジンは選べないそうです。

 しかし日本じゃ全くチョイスなし !

 このストリートクルーザーは、北米のドリームクルーザー同様にシリーズ化されて、次回はシリーズ2 としてまた

 数年後我々の目に入って来るらしいです。

 あと数年はPTを確実に生産し続けるという事、ちょっと安心 !

 PTコンパーチブルは2004年度からデーラーに納車し始めるらしく、その時はコンパーチブルターボモデル

 チョイスに入るらしいです。オープンにして車体強化の為、車重量が増えた分排気量を増やさずにターボを搭載

 して実質的な排気量アップを考えている事から、かなりヨーロッパ市場を考えているようです。

 

                                                            Street  Cruiser

 海外では様々なチョイスのあるPTも日本ではほとんど無いなど、 DC/JPにはもっと日本市場や顧客の要望に

 合わせたPTを販売するともっと人気が出ると思うのですが... 

 

TC Blog   Tomi Craft Japan Twitter   Tomi Craft USA Twitter   Rep. Journal