マフラー等規制要綱

規制値一覧

近接排気騒音(継続検査規制)

改正道交法について

種別・項目

H元年

H10年

H11年

普通・小型・軽自動車(定員10人以下の乗用車・二輪車を除く)

                                     総重量3.5t 超  乗用

                                                          乗用以外

 

107

107

 

99

107

 

99

107

                                                      総重量3.5t超150kw以下 105 105 105
                                                                             総重量1.7t超3.5t以下

                                                 1.7t以下

103

103

103

103

103

97

軽自動車                               運転席の前方にエンジン

                                                 運転席の前方にエンジン以外

103

103

103

103

97

103

定員10人以下の乗用車で普通・小型・軽自動車(二輪車を除く)

                                                                     後部エンジン       定員7人以上

                                      後部エンジン       定員6人以下

 

103

103

 

103

103

 

100

100

                                後部エンジン以外   定員7人以上

                                                           定員6人以下

103

103

103

96

96

96

二輪車                                小型

                                            軽

99

99

99

94

99

94

 

騒音規制(新車登録規制)

種別・項目

H10規制前

定常

 

加速

H10規制

定常

 

加速

H11規制

定常

 

加速

普通・小型・軽自動車(定員10人以下の乗用車・二輪車を除く)

総重量3.5t超150kw(H10規制以前のものは200ps) 超  乗用

                                 乗用以外

 

80

80

 

83

83

 

82

80

 

81

83

 

82

80

 

81

83

総重量3.5t超150kw(H10規制以前のものは200ps)以下 78 83 78 83 78 83
総重量1.7t超3.5t以下 74 78 74 78 74 78
          1.7t以下 74 78 74 78 74 76
軽自動車 運転席の前方にエンジン

           運転席の前方にエンジン以外

74

74

78

78

74

74

78

78

74

74

76

78

定員10人以下の乗用車で普通・小型・軽自動車(二輪車除く)

                               定員7人以上

                                                      定員6人以下

 

70

70

 

78

78

 

70

72

 

78

76

 

72

72

 

76

76

二輪車                           小型 74 75 74 75 74 75
                                                    軽 74 75 71 73 71 73

 

項目

基準・解釈

当該法

騒音(注1) 85ホン(定常走行騒音)

103ホン(近接排気騒音) 平成10年11月以降製造車は96ホン

保安基準30条
排ガス(注2) CO      4.5%

HC      1200ppm (4サイクル)

黒煙  40%以下(ディーゼル)など触媒を持つものは同種の形式としその容量が     

小さくなってはならない

保安基準31条

第8項

第9項など

熱害 他の装置の機能を損なわないように遮熱板の取り付け、その他適切な装置を施す 保安基準31条  第7項
テールパイプ向き 右、左向き以外  中心線に対して30度以内ナンバープレートの数字を妨げない 保安基準31条  第17項
形状 鋭い突起、他の交通の妨げにならないこと 保安基準18条
最低地上高 原則として90mm以上  正しくはホイルベースの値により変化する 自動車検査業務等実施要領

騒音に関しては、本来”近接排気騒音”、”加速走行騒音”、”定常走行騒音”の3種が定められていますが、通常、継続検査時は、”接近排気騒音”しか測りません。

近接排気騒音とは:車両・測定マフラーとも十分暖気した停車状態で、ニュートラルギアー位置において、最高出力回転数の75%で一定時間(5−10秒)を保持、その後アクセルを戻した時の最大音量を測定します。測定機材は、マフラーパイプエンド部分から、同じ高さで45度外側50cm地点で測定。試験場所条件は、反射音の影響を受けない、平坦舗装道路で、天候は路面が乾燥していて、風速5メーター以下であることです。

平成10年規制:平成10年10月1日以降に新型車として運輸省に届出があった車両で、それ以前に届けら、現在も生産されている車両に関しては、平成11年9月1日生産以降の車両、輸入車に関しては平成12年4月1日以降に届出があった車両対して行なわれる規制です。

改正道交法について

 

 TC Blog   Tomi Craft Japan Twitter   Tomi Craft USA Twitter   Rep. Journal